業界のことの最近のブログ記事

中国地方で建てられた建物の中で最も優れた作品を選ぶ「JIA中国支部建築家大会2017」が長門市で開催され、
当社で製材・加工した広葉樹を全面的に使用した木材展示場「木の風景」が住宅部門にて特別賞を頂きました。

日本建築界の巨匠・内藤廣先生や、若手建築家の中国地方代表・前田圭介さんなど、審査員の皆様に実際に見ていただき、コメントをいただきました。

内藤先生からは
「日経アーキテクチュア等で何かと話題になった建物」
「この建物は、木のプレゼンテーションだと理解している」
「建築家の仕事として、山の様子を街の人にメッセージとしてどう伝えるかを考えなくてはならないのではないか」
「その面では我々ではできなかったことを実際にやられた。その試みは素晴らしい」
と言っていただきました。

ここまで趣旨をご理解いただけたのは本当に嬉しかったです。
これを機に、街の人へメッセージを送れる木材業者を目指したいと考えます。

17309349_1091230811000074_4788654457528960161_n.jpg  18664718_1156306441159177_2381055875821340577_n - コピー.jpg
 387df7726f1d6f69bf8fbf7a5ce95a90_PAGE0000.jpg

本日は、弊社だけでなく近隣の製材所に木材乾燥等の指導をしていただいている九州大学大学院農学研究院の藤本登留先生にお越しいただきました。


先生が来訪された目的は、こちらです。

https://ameblo.jp/kirikabukoubou/entry-12311202644.html


我々木材業界にいる者にとって、丸太の輪切りを割れずに乾燥させるというのはとても難しいことですが、そこにチャレンジされるとのこと。国産広葉樹の新しい活用に繋がるのであれば、大変ありがたいことです。

シイではあまり良い結果が出なかったようですがクスや赤松では割れずに上手くいきそうとのこと。結果が楽しみです。


その後、業界の話などいろいろ聞かせていただきました。その中でとても印象的だったのが、韓国に輸出していた某フローリング国内大手メーカーさんが、韓国向けの輸出が止まってしまったという話です。

理由は、韓国でも大型製材所、フローリング加工所があるためわざわざ日本で加工をする必要がなく、丸太だけ手に入ればよいとのこと。さらに安い外材をあちこちから集めてるそうで、日本の丸太は単純に安いから使っているようです。


ベトナムでも同様な話を以前別の方から聞いてますから、もはや日本では製造業は賃金の安い外国勢と勝負することになります。

彼らは必死に学び、必死に働いています。

我々は、今後どうすべきか。


当たり前ですが、日々謙虚に学び、一生懸命働く。

そのうえで我々の強みを生かせる道はほぼ見えていると思ってます。

そこに全力を注げる体制を、前向きに頑張ってくれている社員のみんなと作って行きたいと思います。

当方が提案、書類作成し事務局として提出した、
平成27年度林野庁補正「地域の特性に応じた木質部材~」に、採択されました!



「やまぐち広葉樹ブランド化協議会」という名前です。

山口県、特に北西部・中部には多くの広葉樹が自生しています。
特にシイノキは大木が多く、ブランド化にはもってこいです。

あとは魅力的な製品を造るだけ。

あまり額は多くありませんが、魅力的な製品を造り、皆様に見ていただく機会を作ります。
ぜひ楽しみにしていてください!

やりましたー!!
img_4_m.jpg

「飛騨の森でクマは踊る」というビックリする会社が岐阜県飛騨市に立ち上がってます。
仕掛け人は、(株)ロフトワーク代表取締役の林千晶さんと(株)トビムシ代表取締役の竹本さん。
両者とも、業界内では超有名な、スーパー社長です。
ロフトワークさんが運営されている渋谷の道玄坂にあるFabcafe は、クリエイティブな方々にはすごく有名だそうです。

本日は、岐阜県飛騨市に多く自生している広葉樹という繋がりで、わざわざ当社までお越しくださいました。
IMG_5903.JPG IMG_5900.JPG IMG_5955.JPG

国産の広葉樹を盛り上げていくためにも何かしら連携が出来れば、という話にもなりました。

林業、広葉樹、という世間から全く注目されてない分野で、いかに世間にPRしていくか。
ロフトワークさんの力は強大で、きっと力をお借りすれば面白いことになりそうです。

当社の樹木医Fをはじめ、林業・木材加工は魅力的な職場だと思っています。
この「しごと」と「ひと」、多くの若い人たちが目を向けてくれれば、大きな風を吹かせそうです。

無から有へ。

飛騨の皆さまとは、ぜひ今後も繋がっていきたいと思っています。
両方から発信していきましょう!
地元の農林水産物加工業者(6次産業化推進業者)と地元行政との意見交換会に発言者として出席させていただきました。
林業関係者は私だけでしたので、農水産業だけでなく林業もあることをしっかりPRさせていただきました。
また、林業関係者との連携ではなく、農水産業との連携による実績と効果も伝えさせていただきました。

時間の関係上、詳細はしゃべることは出来ませんでしたが...

DSC05872.JPG DSC05884.JPG
DSC05885.JPG

ここのところ、このように発言させていただく機会をいただき、大変ありがたいことです。
地味かもしれませんが、これからも前向きに木材産業の活性化のために挑戦してまいりたいと思います。

周南ベンチャーマーケット協会(西京銀行)さんからの仲介で、周南市で行われました「やまぐち総合ビジネスメッセ2015」に出展いたしました。

DSC_0161.JPG

さらに、この日は周南ベンチャーマーケット協会主催で、当社のプレゼンテーションもさせていただきました。

徐々に知名度が上がってきた手ごたえがある反面、即効性のあるビジネスマッチとはなりませんでした。
あせらず、継続、継続。
facebookでも投稿しましたが、JR西日本の走る豪華ホテル「トワイライトエクスプレス瑞風」の内装材(ドア)に、
当社で伐採した山口県産のシイノキが使われることが正式に決定いたしました。


本格的に開発に入って4年、いろんな方に認められてもらえるようになりました。
国産広葉樹のすばらしさをこれからももっと広めていきたいと思います。
JR西日本さん、本当にありがとうございます!


かつては安藤忠雄や東孝光も常連の入選者である、若手建築士の登竜門と言われている鹿島出版社の「SDレビュー」

そこに、当社のシイノキを全面的に使用した建築物が入選されました!
(設計:伊藤立平建築設計事務所)

11951795_1627288140876392_8968437382260295743_n.jpg
11997894_1073815689304523_1710764490_n.jpg 12023041_1073812419304850_1977874623_n.jpg 12021885_1073814145971344_968690057_n.jpg

9月20日まで東京・代官山にて展示されています。
10月は12日まで京都の「知る人ぞ知る名門理系大学」京都工芸繊維大学にて展示されます。

多くの建築士の方に山口県産のシイノキの良さを知っていただける最大のチャンスです。
当社も全面的に協力してまいります!

この日、地域工務店が集まって共に学び、事業の存続発展を図るという画期的な勉強会が福岡で開催されました。

東京から鹿児島まで、多くの工務店さんが集まった勉強会の中で、当社の製品を紹介させていただける貴重な機会をいただきました。

12003952_638429352963727_7610776142800881225_n.jpg

また、増税後の住宅着工の落ち込みや大手ハウスメーカーとの差別化だけでなく、地域のお客様のために全力で戦っている工務店の皆様と、素晴らしい講師の方々の講義を拝聴させていただきました。

また、私がどれだけ未熟であるかも思い知らされました。

まだまだ本当にお客様や関係する方々、いわば社会から本当に必要とされる組織になれていない。
すべては自分次第と言うことも痛感。
日々緊張感を持って過ごしていこう。


日に新たに 日々に新たなり。


防府市内のカフェにて行われる勉強会に、話をさせていただく機会をいただきました。

ここには素晴らしいカフェがあるのです。

地域でさまざまな分野で頑張っていらっしゃる方々が2週間に1度、その取り組みについて話をして意見を交換し合うという、山口県では大変画期的な企画です。

田舎にいて、このような会があること自体が素晴らしすぎです。

何度か参加させていただいてましたが、皆様すごく面白い話で大変参考になったと思っていた矢先に、なんと私に講演依頼をいただきました。

時間は1時間30分。

何をどう話せばよいか、私の話が面白いのかどうかとても迷いましたが、過去歩んできた道とその時に思ったこと考えたことをそのままお伝えすることにしました。

○公演中の様子
11934939_798984403547536_191457345381154472_n.jpg

○開始前の緊張した表情
IMG_2877.JPG

うーん、自分の中では60点・・・
途中時間を30分勘違いして、大事な当社の方向性を決める一連の流れをすっ飛ばしてしまいました。
せっかく数名社員来てくれたのに。自分の間の悪さに残念!

皆様には面白かったと言っていただけたのがせめてもの救いです。
このような機会をいただき、LisMixCafeのオーナーであるA社長にはこころより感謝しています。
ありがとうございました!

しかし、ようやくほっとする日々が送れそうです...
溜まった仕事をガンガン片づけます!

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

  • C:\Users\tomohiro\Desktop\携帯写真\ビジネスフェア