社内の最近のブログ記事

4月2日月曜日。

3名のフレッシュなメンバーが仲間入りしてくれました!

(アルファベット順)
・真面目一徹、闘志の若武者、H君。
・フレッシュなベテラン事務員?「とにかく明るい」Kさん。
・今風のさわやかスマイルで頑張り屋のO君。

3人とも、今日5つのお願いをしましたが、
まず1つ目の「メモ」はとにかく取ってくださいね!
習慣にすることで、必ずや自分たちの成長につながります。

また、既存メンバーにもとても期待しています。

いつもは全体朝礼の時に下を向いたり目をとじて聞いていた人も、
この日新人が話すときはしっかり見て聞いてくれてました。
元々カッコいい先輩なのですから、新人の前でしっかりカッコいい先輩を演じてほしいです。

山が、町の人が、我々の活動を本当に待ってます。

立派な社会人に、みんなで成長していきましょう!

本日は4月入社の新卒2名、O君とH君(出席番号順)、そのご家族の方にお越しいただきました。
2人とも緊張した面持ち、でもとてもフレッシュで素直に話を聞いてくれました。

会社とは何のために存在しているのか。
もちろん、お客様(社会)から必要とされているということが前提です。

さらに、会社は成長し続けなくてはなりません。
成長を放棄した組織は、社会から必要とされなくなります。

そのためにも個々が成長していく必要があります。
それは自分たちのために必ずなります。
日々「成長しようとしている人」と「成長を放棄した人」とでは10年後20年後大きな差が出ます。

そのための基本中の基本として

・目の前の仕事に真剣になること
・社会人として礼儀正しさを守ること
・上司の優れたところを真似すること
・欲を持つこと

を心掛けてほしいな、と思います。

会社とは、新人を立派な社会人に育てることも社会から課せられた使命だと思っています。
O君とH君、厳しく優しい上司たち、苦しく楽しい仕事が待ってますよ!
ご家族の方には、日々たくましくなっていくご子息を心配しつつも楽しみにしていただきたいと思います。

4月から新たな明るい爽やかな風を是非とも吹かしてほしいな、と思います。
新商品も加わり、新生シンラテック、頑張っていきましょう!

Howcollect_13025_1.jpg
この日はルネッサながとで合同企業ガイダンスが開催され、当社もブースを持って出席いたしました。
当社合わせて16社が出展。

主催者の「NPO法人つなぐ」岡藤さんは
「長門市の企業の情報を子どもや保護者にしっかりと知ってもらうことが狙い」
と言われています。

企業と人とのアンマッチはお互いにとってマイナスです。
そのためにもとても良い試みだと思い、当社も参加させていただきました。

私の経験上、
・自分の目的を持って就職した人
・自分の特技を評価された人
・自分の特技を活かせる人
・会社でやりたいことが明確な人
で、努力できる人は皆人生に成功していると思います。

当社でも、アンマッチは多々ありました。
目的を持って就職した人と、そうでない人の差。
自分の知る限り、時間が経つとその差は歴然です。
目的が無いと組織においても個人においても無駄な時間になってしまいます。


うちのブースに来てくれた若い方々にも、輝いた眼で熱心に聞いてくれた方もいましたし、途中で興味をやや失くした方もいましたがそれでいいと思います。
多くの方に当社を知っていただければ幸いです。

主催者の皆様に感謝です。

DSC_0147.JPG 21828_90982_img.jpg
お客様からのご注文。

私はじめ社員一同が「社会に存在する意義」は、お客様からのご注文があることで証明されます。

仕事をいただく=必要とされているということ。必要とされない人に仕事は廻ってきません。

しかし急な注文、難しい注文、どこの会社でもあります。

出来る内容と、どうしても出来ない内容があります。


さて昨日、急な納期のご注文が入ったのですが、他業務との関係上、希望納期には間に合わすことができず。

お客様から「注文を半分にするから納期に間に合わせてくれ」とのこと。


これを聞いたK君は、
「申し訳ないです。折角の注文なのに。」
と言ってくれました。


本当にうれしかったです。


一方で、かつては残念ながらキャンセルを皆の前で喜ぶ方もいらっしゃいました。


価値観、言ってしまえば人生観の相違でここまでの差があります。


目の前の仕事に真剣になるかどうか。
自分なりの工夫ができるかどうか。

言ってしまえば、人として守らなくてはならない「きちんとした」対応ができるかどうか。

しっかりとした人生観をもつか、もたないかで、人の人生には大きな差が生まれます。


当社のみんなには、自分の将来のためにも「しっかりとした人生観」を持ってほしいと思います。


この日、4月オープンのながとおもちゃ美術館に納める大量の丸棒の加工と塗装が間に合わないので、
今日は日曜日でもあるので私の子供にも手伝わせて、何とか終わらせました。

先日弊社に来られた大手住宅会社S林業の方から、
「この広葉樹の丸棒はいいですね。これは売れますよ~」
と言っていただいた自信作です。

これは近隣の山林から伐採された広葉樹材で、チップになる前に製材したものです。
地元の山林を表現し、お子様に知っていただくためという思いが詰まったものです。

このほかにも弊社社員が頑張って作ってくれた木製品が使われます。
多くの方にお越しいただけますように...
DSC_0143.JPG 006finish[1].jpg

本日社内で、ある部門の打ち合わせ、会議を行いました。
これは、入社1年未満の若い社員からの提案で実施しました。

その提案は彼自身のことだけでなく、組織のことを考えての提案でとてもうれしく思いました。
まず問題提起は若い人、それに対し年配の方からの冷静かつ前向きな意見、発言。
とても充実した会議でした。必ず良くなるという確信ももてました。

「現状より何とか良くなろう、変わろう。そのためには努力しよう」という気持ちが十分伝わりました。

社会生活を送るにあたり、「辛いことや苦しいこと」はその先にある「成功、楽しみ、嬉しさ」を得るために必要だと思っています。
楽しいことだけができる仕事というのは私は知りません。

この度のオリンピックで高木美帆さんが
「私は辛いことから逃げなかった」という言葉は私に、とても心に残りました。

うまく行かないことに対し、周囲や環境のせいにして逃げることは簡単です。
挑戦することや成長することを放棄することも簡単です。
しかし、その先には何もありませんし何も残らないと思っています。

「自立した人間とは、自分の力で環境を変えていこうとする人間である。」

今回会議で同席したメンバーは皆、自ら環境を変えていこうとする側の人間でした。

そんな人たちと一緒に働くことができることの喜び。

幸せな1日だったと思います。

この日、お客様の上棟式に出席させていただきました。

身が引き締まる思いです。


天気も、もってくれました。むしろ、日差しが無くて心地よかったです。


お客様から必要とされることの喜び。

皆の日々の努力の結果です。


お休みの日にご出席いただいたお施主様にはもちろんのこと、お施主様のために休みも頑張った方。


きっと「それ当たり前ですから」と思っているのでは...と思いますが、当たり前のことでも感謝したいと思います。


ありがとうございました。そしてお疲れさまでした!


材料が不足気味。

「材料さえあればもっと製品作れますよ」と言ってくれるN君。

でも、ついに「ある材」が欠品してしまう。

その材は、一般的に寒くならないと買えない。

暖かい時期に伐採すると、すぐに「アオ」(アオカビ)が入り、見た目が悪くなる。


お客様からの注文をストップすべきか。

そのお客様は同業他社が常に狙ってて、うちが欠品すれば当然他社に行く。

一度流れが変わると元には戻らない。

はっきり言って当社のピンチだ。


そのような中、何とか丸太は買えそうな雰囲気になる。

ただし、丸太を板にする工程の「製材」が忙しい。


その事情を製材リーダーOさんに相談する。


すると、すぐにOさんが製材のN君をつかまえて、

Oさん「製材のN君、来月から製材量を2割増やせ!」

N君「はい、わかりました。」


この会話、たった3秒で意思決定、終了(^^


ずっとどうしようか悩んでた自分がアホらしい。

あっさり頼めばよかったのだ。


ピンチの時に、その人となりが現れる。

大変頼もしい製材チームです。


今月、社員のみんな一人ずつと話を聞かせてもらっています。
その中で、Mさんからのヒアリング内容はとても良かったです。

Mさんからの発言
「お客さんからの評価は高いですよ。自信持っていいと思います。」
「自分はもっとできますし、会社ももっとできると思いますよ。」
「例えば自分の得意分野は、加工を担当しているKさんの苦手な分野。そこを自分にやらせてもらったら、単にKさんの苦手なことが減るだけでなく、Kさんが得意な分野に時間をより使えることになるので、結果作業効率はかなり上がりますよ。」

と言ってくれました。大変うれしかったです。
早速、行動に移させてもらうことにしました。
さらにMさんはチャンスを掴んだことになります。どんどん様々なお願いしたいと思いますし、色々な意見を聞きたいと思います。

私の尊敬する大先輩、任天堂の岩田聡元社長の言葉に
「自分が何に向いていて、何をすれば周囲に認めてもらえるかを一生懸命探していれば、必ず仕事のチャンスはくるし、そういう人のところに運も巡ってくるんじゃないでしょうか。」


とあります。

これは社長と言いながら私にも当てはまります。
はっきり言って私は不器用だし、人付き合いも苦手。「飲み」も苦手。
でもお客様が必要としていること、うちの会社の得意な箇所を分析したり数値的な解析、最適解を見つけることは得意なようです。
結果、人付き合いが苦手としてもお客様や業界関係の方々には信頼していただいていると思っています。

他の社員のみんなにも、是非チャンスを掴んでほしい。それぞれが得意なことで活躍できるような組織にしたい。

Mさんのおかげで、会社の空気も変わると思います。

Mさん、ありがとうございます!


最後、岩田さんの「会社」の考え方を残しておきます。

私自身が今も、これからも大事にしたいと思う考え方です。

読んでいただければ幸いです。


-----------------

会社というのは、ひとりではできないような大きな目的を達成するために、いろんな個性が集まって力を合わせていく仕組みとしてできたものなんですよ。もしも、経営者がなんでもできるんだったら、ひとりで全部やればいいんですよ。分がいちばん確実で、自分がいちばん当事者意識があって、自分がいちばん目的を知ってるんですから。


自分でできるなら自分でやればいいんですけど、そんなことをしていたら、ひとりの時間とエネルギーの限界ですべてが決まってしまうんですよ。だから、会社ではたらく人は、自分で担当すること以外は仲間たちに任せて、ゆだねて、起こる結果に対して腹をくくるわけですよね。

で、その構造が、規模が大きくなればなるほど階層的になり、より幅が広がっていく。それが会社というものですよね。そういうふうに、誰かとつながりながら、何事かを成し遂げようとするとき、自分以外の人たち、別の意思と価値観を持って動いている人たちに、「敬意を持てるかどうか」っていうのがものすごく大事になってくると私は思ってるんです。

(岩田聡さん)

-----------------


ここのところ色々思うことがあり、久しぶりにブログを書きます。

ブログは大事なコミュニケーションツールだったのでは、とふと思ったからです。

先日、某金融機関さんの交流会に参加した際に、講師の方の講演の中、私の中にとても残った言葉がありました。

「悪いことをしても怒らない先生を子供はどう思うか。
 同じく、会社で悪いことをして上司から怒られなかったらどう思うか?
 子供たちの答えは、「悲しい」「寂しい」となるそうです。」

「好き」の反対は「嫌い」でなく「無関心」。

別に怒り飛ばせばよいというわけでもなく、褒めればよいというわけでもない。
コミュニケーションを取ることが組織が一体となるにはとても大事なことですが、ふと振り返ると、私自身、顧客に目を向けるあまり、内部で怠っていたのでは、と思います。
誤解を受けることは誰でも良くあることですが、早く気づけば大したことがないことも、コミュニケーション不足だと気づいた時にはすでに遅い。
そうなると、感謝の気持ちからの行動もおおよそ逆効果。
お互い不利益なこととわかりつつも、一時の感情を優先させてしまう結果となる。
お互いにとって、一緒にいた時間は完全に無駄だった、ということになる。

昔、私もコミュニケーション不足により組織を離れた時がありました。
以前数人の組織で働かせていただいたことがあるのですが、そこに飛び込んだときは、やる気のエネルギーに満ちていたと思います。
しかしコミュニケーション不足により、自発的に動く基準を失い、すべて受動的になったことがありました。
当初エネルギーに満ち溢れていたのですが、そのエネルギーは放電し徐々に無くなっていきました。

今思えば、まず自分から上司にコミュニケーションをとるべきでしたし、組織を変えるよう努めるべきでした。
そこは受動的ではいけなかったと反省しています。
ですので、現在でもまず自分がコミュニケーション不足解消の努力をしなくてはならないと思っています。

やる気のエネルギーは業務のパフォーマンスに影響します。
対外的な仕事であれば、お客様からの感謝の言葉がエネルギーになるでしょう。
しかし工場は、残念ながらお客様の笑顔がほぼ見えません。
でも仲間からの「ありがとう」をもらうことで、エネルギーってまた溜まっていくと思うのです。
それは社内で助け合うことでも成立すると思っています。

当社では、入社時は皆エネルギーに満ちていたと思っています。
さらに増えている人もいますし、一方で残念ながら減っている人もいます。
これは相互の努力により解決できると思っています。

私自身、昔から会話でのコミュニケーションは得意ではありませんが、別な方法で解決できると思います。
ブログもその一環でした。
まず自分から変わりたいと思います。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

  • C:\Users\tomohiro\Desktop\携帯写真\ビジネスフェア