2015年5月アーカイブ

2回目になりますが、長門市にて開催された知事との意見交換会、
「元気創出!どこでもトーク」に出席させていただきました。

tyHAeTGnbX4Pv4T4_150518210324.jpg


知事と世代が近い方で、地域別・分野の異なった方々を集められたそうです。
長門市では私を入れて7名。
皆様、地元で精力的に活躍されていらっしゃる方々ばかりです。

林業・木材加工業の立場から話をさせていただきました。
山口県の森林資源はすばらしい宝があります。
その価値に、まだ皆さん気づいていない。
早いうちに山口県のブランド品として、様々な業界の方々が
付加価値の高い木材に仕立てていきたいという思いを述べさせていただきました。
その他林業が抱える問題点も伝えさせていただきました。

知事から色々な質問をいただいた関係で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
「バイオマスとマテリアル利用」についての山口県の可能性を伝えたかったのですが、時間の関係上断念。

山口県には西日本を代表する規模の木材チップをマテリアル利用する工場があります。
日本でも(いや世界でも)トップクラスの林学エリート軍団が、実は山口県には大勢いらっしゃいます。
そこではセルロースナノファイバーなど、先進的な研究も進んでいます。

バイオマスももちろん大事ですが、九州を筆頭にあちこちでものすごい勢いで工場が立ち上がっています。
この分野で山口県がトップランナーになるのはかなり難しいと思います。

森林資源のマテリアル利用について、せっかくの「設備」「人材」とうまく連携できれば、他県に負けない先進的な林業県になれそうな気もしているのです。

私個人だけの意見なのかなぁ...