2012年9月アーカイブ

以前「健康省エネ住宅を推進する国民会議」での打ち合わせで、

株式会社エクセルシャノン様の中国営業所・F所長と意見を交わすうちに、

「一度当社(本体の㈱トクヤマのこと)を見られませんか?」

という話になり、この日㈱トクヤマ様本社を訪問する機会をいただきました。

 

山口県はもちろん日本有数の一流化学メーカーと、当社とはまったく関係ないようですが、

一部交流ができる可能性があるかも(ここでは書けません。。)、

という話で訪問と見学が実現しました。

 

さすがトクヤマ、巨大工場は圧巻です。

(写真撮影は当然禁止でした;;)

一方、規模の大きさ、事業内容の深さを見るうちに心が躍ります。

もともと私は大学入学時化学系(幸後社長の後輩にあたります)でしたので、

基本的にトクヤマ様には非常に興味がありました。

 

一番感心したのは、製造過程で膨大な排熱があるのですが、

その大半は回収・再利用されていたことです。

 

私で役に立つことがあるのか。実は少し立てそうな気がしています。

また木材関係を研究されている先生とも話をしたいと思います。

 

昨日のことですが、お客様にサンプルをお届けしたあと、

現場担当の方と打ち合わせをさせていただきました。

 

そのときに現場担当の方(20代半ば)から、

「毎日夜何時まで勉強されているのですか?」

と質問を受け、正直戸惑ってしまいました。

 

確かに夜は早くはないです。

ただそれは、日中するべき仕事がなかなか進まず、

夜にせざるを得ない、しかもつい一人になるとだらだらしがちです。

読むべき冊子等も山積みで、なかなか減りません。

一方、会社にとっては需要な課題をどう裁くか、大きな問題もいくつか抱えており、

対応策を練るのになかなか時間が掛かります。

結果、ブログを書くどころではない・・・というあまり良くない状況になっていました。

 

先日、ノートPCが壊れました。

データは復旧できたのでよかったのですが、

しばらく既存のデータなしで日々の業務を処理せざるを得ませんでした。

 

ふと感じたのですが、そのときのほうが業務のスピードがあがっていました。

「業務はスピード重視、拙速でもやむなし」ということを忘れていました。

 

若い現場担当の方から、

「近藤さん、すごいと思います。」

といっていただき、ありがたい反面、自省する機会をいただきました。

 

Aさん、ありがとうございました。

長い間あけておりまして、当ブログを見ていただいていた方には申し訳ございませんでした。

 

いろいろな行事を乗り切った矢先、

社内ネットワークトラブルからはじまり、

PCのダウン、とどめは複合機のトラブルと、

これでもか!というぐらいトラブルが続きました。

この1週間はその対応で終わってしまったような気がしています。

 

さきほどすべてが復旧しました。

 

大変反省すべきことなので、備忘のため書いておきます。

ネットワークトラブルは、おそらく接続PCが増えたことにより、

回線の容量オーバーと思われます。

ハブがタコ足配線になっていたのを極力1次配線になるよう整理し、

無線が使えるものはすべて無線にし、無線LAN親機を高速のものに変えました。

 

複合機はいくつかある中、トナーのトラブルが痛かったです。

山林部のFAXは生きてましたので転送で乗り切りましたが、

それでも社内のコミュニケーション不足は否めません。

すぐそばなのに、なぜか遠い部門になっています。

お互い反省し、連絡を取り合うようにしなくてはなりません。

 

最大の反省はPCのトラブルです。

なんとかデータは復旧できました。

バックアップそれなりにとっていたつもりだったのですが、

重要なものはまったく取っていませんでした。

 

特に金融機関への接続パスワード等を、

外部に漏れる危険性をなくすためと、

そのPCのみにしか残していなかったのは痛かったです。

(※ブログのログインID,パスワードも含む)

 

まっさきに一旦紙に落とし、データは他に移しました。

今後は外付けハード+クラウド等を使いながらきちんと残すようにします。

そんなので数万円けちってしまったら今回のように大変なことになりますから。

 

見ていただいている方が少しでもいらっしゃる限り、

ブログもしっかり続けます。

 

どうかこれからも宜しくお願いします。

 

 

・・・、以下どうでもいい内容なのですが、

しかしD〇〇〇社の対応は本当に困りました。

サポートセンターに電話するも要領を得ず、

修理の見積もりを送るから、と情報をたくさん聞かれ(OSのログインパスワードまで!)

焦っていたのに最初に送られたFAXはなんと広告!

こっちはPCとFAXトラブルで非常に困っている中で広告を送付!

数日後ようやく見積もりを送ってきたと思ったら、大量のどうでもいい説明書き。

おまけに値段は本体価格より高い修理費・・・

 

結局他の方法で吸い上げることにしました。

ハードが奇跡的に生きていて、データが消えてないのが本当に幸いでした。

もう安いからとはいえ、D社のPCは買いません。。。。

 

この日は当社にとって初の「やまぐち木の家づくりフェア」に出展しました。

山口県ビルダーズネットワークに加盟したことがきっかけです。

林業・製材・木材加工でも単独ブースは当社のみでした。

ざっと様子を写真で。

IMG_1803.jpg

IMG_1800.jpg

IMG_1801.jpg

IMG_1799.jpg

IMG_1802.jpg

 

とにかく来客者、当社ブースによっていただけました。

なぜかといえば、深川養鶏様ご提供の「ひよこ」です。

 

どうしてやまぐち木の家づくりで「ひよこ」?

といえば、県内優良工務店様が地元の木材を使うことにより、端材が発生します。

その天然の端材を使って、おがくずにして、ひよこのお布団に利用しています。

ですから深川養鶏様の「長州どり」は本当に安心、安全です。

 

ひよこ約100羽のうち、黒いひよこが3羽。

これは長門市が生んだブランド、「長州黒かしわ」のひよこです。

(写真撮り忘れてました;;残念)

 

続けて別室で当社のプレゼンテーション。

時間を15分ほどいただきました。

家内からは「早口で何を言っているのかわからない」とダメだしされたものの、

聞いていただいた方から、

「プレゼンを聞いてシンラテックさんのシイのフローリングを使いたいが、どこに相談すればよいか?」

と言っていただきましたので、

さっそく当社の製品を使っていただいている工務店様を紹介できました。

 

これだけでも出展した会があったというもの、次回からはもっと工夫したいと思います。

 

ただ大変残念なのは、雨(しかも台風接近;;)で一般の方を呼び込めなかったことです。

維新公園に遊びに来られた一般のご家族を一斉に引き込める自信あったのに・・・

これも次への課題とします。

 

さて写真のひよこのおじさんは当社のムードメーカーMさん。

卓球の腕前はセミプロ(というか、プロの卵を指導するレベル)です。

Mさんのお子さんに来てもらいたかった・・・残念。

 

この日の夕方18:00から長門市公民館の部屋で、

ながと版「地域型ブランド化事業会議」が行われ、

プレゼンテーションをさせていただく機会をいただきました。

 

ご参加いただいた方は長門市内の1級、2級建築士の方々約20名で、

市役所の建設担当の方や県の土木建築事務所の方もいらっしゃいました。

 

前半は別の方が地質について話され、

後半は私が「木材の性質と乾燥の重要性」というタイトルで40分ほど話させていただきました。

 

建築関係の方々の前で木材の話ができる機会をいただいたのは大変ありがたいことで、

本当はもっと話したかったのですが、持ち時間を少し越えてしまいました。

 

司会をしていただいた山根建築設計事務所の山根先生から、

「時間の関係上早口でしたが、大変面白い内容でした」

と言っていただけました。

 

これから長門市は油谷小学校はじめいくつか公共工事が予定されています。

長門市の木材を使っていただけるために、地元の建築関係の方に木材のことを話せたことは本当に有意義でした。

 

10数年前、入社した会社の新人研修でいやというほどプレゼンテーションをさせられましたが、

今となっては本当に良い経験をさせていただきました。

パワーポイントを使うこと自体かなり久しぶりでしたが、なんとか伝えられたと思っています。

今後もこのような機会をいただければ積極的に取り組みたいと思います。

 

で、また写真がないのが残念ですが・・・

この日は安成工務店様山口支店にて、

「健康省エネ住宅を推進する国民会議」の打ち合わせを行いました。

 

今まで関係がほとんど無かった建築士と医師を結びつけ、

健康なすまいを科学的に証明し推進していくことが目的です。

 

さてそこで驚きましたが山口市で11月開催されるシンポジウムに、

内閣官房地域活性化事務局長の和泉洋人氏が出席されるということです。

 

和泉さんは山本知事の住宅局長、地域活性化事務局長の後輩だそうで、

非常に気心知れた仲だそうです。

 

これは山口県での動きに大きな波がやってきました。

 

地域材を使うことは健康に良いこと。

医療費削減に繋がり、介護負担を減らすことに。

 

木材の役目は、単なる建築材だけでなく、医療や介護福祉の分野にも進みます。

せっかく木材業界に身を置いているのですから、そんな役目を担いたい。

さらに地域活性化に役立てばなおさらです。

(大きなことを言ってすみません。)

 

この動きに、少しでもお役に立ちたいと思います。