2011年12月アーカイブ

今年最後のブログです。

見ていただいている方に感謝申し上げます。

 

当社の休日カレンダーを更新いたしましたので、

もし当社に御用の際にはご確認をお願いいたします。

 

多少不恰好ですが縦にカレンダーを伸ばしましたので、

休日が消えたかっこうになり、間違って訪問されることはないと思います。

 

来年末も、同じようにカレンダー更新のお知らせが書けるよう精進してまいります。

 

お客様、お取引先の皆様、関係団体の皆様、1年間本当にありがとうございました。

また来年も宜しくお願いいたします。

 

しばらくブログを休止していたためか、

当社HPへのアクセス数が激減しています。

大体3分の1ぐらいになりました。

 

書きたいことが山ほどあったはずなのに少し止まり気味ですので、

思い出しながら、より興味深い内容にしていきたいと思います。

 

ところで先日(12月15日)のブログで急にアクセス数が増加した旨を記載しましたが、

※slowfoodottawagatineau.org というところからのアクセス)

また数日前にかなりのアクセス数が1日だけありました。

 

どこからか見てみると、アメリカのポートランドから69件のアクセスでした。

 

ポートランドの皆様、見ていただいてありがとうございます!

・・・と素直にいえません。。

 

この度はなぜか理由がわかりませんが、

皆さん peakwebhosting.com というプロバイダー?からのアクセスでした。

きっと似たようなアドレスのHPがあり、それが何かに掲載されただけだとは思いますが。

 

もっと日本の方、山口県の方、さらに言ってしまえば長門市の方に見ていただけるように精進します。

 

なおこの日は会社の年賀状作成で1日が終わってしまいました。

ようやく年を越せる目処が立ってきました。

 

 

え?個人の年賀状?なんだっけそれ?

 

 

営業という意味では昨日で終わり、

本日は全社一斉大掃除を行いました・・・と書く予定でした。

 

緊急でお願いされている枠材加工などがちょこちょこと入り、

配達も含めると2~3人は半日程度しかできませんでしたが、

それでもずいぶんときれいになり、

また機械等のメンテナンスもできたとの報告を受けました。

 

私から挨拶をして(今回は長めに、大事な話をしました。)、

補足を専務にしていただいて終わりです。

 

今年は本当にいろいろなことがあった一年でしたが、

なんとか無事にこの日を迎えることができました。

私にとっては、これだけでもノルマはクリアです。

 

来年以降も毎年無事に年を越せるように、

来年は仕掛けることは仕掛けていく年にしていきたいと思います。

 

でも、私個人の業務で何か失念しているような気がします。

いや、気がしているのではなく、必ずあると思います。

メールの返事やら問い合わせの回答やら、

それも1つではなく2つ3つ4つ5つ・・・。

 

きっと忘れてはいけないものもあった気がする・・・。

 

まだ掃除が終わっていない私の机を片付ければ思い出せそうです。

きっと。

 

致命的な、とか大きな忘れ物をしてなければいいのですが。。

 

私のブログを見てくださった方、本当にありがとうございます。

来年はもっと身になる内容を書けるよう、精進してまいります。

今年一年大変お世話になりました。

 

さて明日は机の片付けと年賀状作成頑張らなきゃ。

 

明日は社員出社日ですが、大掃除のため本日が今年最終営業日でした。

 

来客対応をしながら残りの仕事を片っ端から片付けていたのですが、

残タスクの中で私の尊敬する方へのお願い事メールを出すのをずっと放置していたので、

今日メールを出しました。

 

いろいろとまわりくどい修飾文をつけたため長文になってしまいましたが、

お願い事なので要点だけ書くというわけにもいかず、

この師走の忙しい最中、来年の返事を期待してメールを出しました。

 

すると30秒後ぐらいに電話をいただきまして、

「いいですよ」

との回答をいただきました。

 

お願いしにくい内容だったため文面をよく練ってから出したのですが、

あまりの回答の速さに驚いてしまい、ろくに御礼も伝えられませんでした。

(メールを書いた当の本人でも30秒では読めないです。。)

 

きっとその方の会社は規模が大きいため、

単発で入ってきた小さなことはすぐ解決しないと本来の大切な仕事に支障をきたすのでしょう。

 

お願い事を了承していただいたことも大変ありがたかったのですが、

それよりもそのスピード感にただただ感服しました。

(普通の方なら面倒だから後回しにすると思われる内容だったため)

 

こういったこと一つとっても大変勉強になります。

 

一方、私は全般的にレスポンスが遅すぎます。

特に重要でない内容に対して時間をかけることが多い気がします。

 

仕事は拙速を旨とせよ。

→あえて完璧を求めず、8割の出来でよしとする。

 

上の文は、私の残タスク一覧にメモしてありました。。。

自社のことになるのですが記録に留めておきたいのでブログに書きます。

この日、当社で初めて納車(といっても軽トラックですが)しました。

何が初かといえば、新車を納車することが初めてなのです。

(過去数十年を振り返ると初ではないかもしれませんが、ここ10年で見れば確実に初)

 

IMG_0914.jpg IMG_0915.jpg

左写真はこの軽トラックに乗ることになる、木工事担当のNさんと。大変よい天気でした。

右は清めの酒をかける図。へっぴり腰・・・

 

今まで中古を購入し数年で廻していたのですが、

それよりは新車を大事に乗ったほうがコストの面でもよいと判断し、

(私の中では)思い切って購入することにしました。

まだ社名、ロゴは入っていませんがこれから入れます。

 

新車はやはり気持ちがいいですね。

仕事でどんどんいっぱい走って欲しいです。

 

脾肉の嘆とは・・・

もてる才能を生かせず嘆く。
また、実力を発揮するチャンスに恵まれず、むなしく時が過ぎるのを嘆くこと。

 

告白しますが、実は私、数年前はこのように思ってました。

 

もちろん自分の努力不足は認識してはいたつもりですが、

事業を通じて若くて実力の有る経営者の方々をみて、

私一人ではどうにもならない環境にもがき苦しんでいました。

 

しかし今は明らかに違います。

 

会社を大きく変え、社長として全責任を負うことができ、

また何にでも取り組むことができる自由な立場です。

 

尊敬する方を見習って、ブログも始めました。

書きたいことは本当にいっぱいありました。

 

途中ブログを書くことの目的を問い直すきっかけをいただいたのですが、

それからキーボードを打つ手が止まってしまいました。

 

いや、これは明らかに言い訳です。

他にも、ルーチンワークやその他業務以外の用事などに追われているなどあるのですが。

 

私の尊敬する方々は今も毎日ブログでさまざまな方にメッセージを送っています。

皆様当社より事業規模も大きく明らかに私より多忙なのに、

読んだ本の評価とか、業務のこと等をしっかり書かれている。

 

一方私はこの体たらくぶり。。。

 

取っている雑誌や新聞にもあまり目を通さず、

溜まった業務に追われ夜が来て、なんとなくきりのいいところで終える。

その日のスケジュール、週のスケジュールは毎回悪い意味での変更。

・・・、これ大学受験で言えば明らかに受験に失敗する典型な奴になってます。

 

脾肉の嘆を発すること自体、明らかにうぬぼれです。

気持ちを引き締めて、年末までしっかり業務を片付けます。

 

業務の拙速さ自体も含め、努力が足りません。

よく反省します。

この日は所要のため、朝から山口市小郡へ。

 

もう数日前からこの日は大雪になると聞いていたので、

かなり恐れていたのですがなんてことは無かったです。

なお長門市よりも山陽側のほうがひどかったとか。

長門は積もるどころか、ぱらぱらっと降って終わりでした。

 

用事を済ませて長門に戻り、

会社でざっと溜まった作業をそれなりにこなし、

夕方になって寒くなったので業務はそこそこに撤収。

 

今日は選挙の投票日なのでそれから投票に行って1日が終わりました。

 

情けないことに、ここのところなぜか眠くて眠くてしょうがない。

熱は無いけど、どうも頭痛+歯痛+目痛がする。

 

割り切って、久しぶりに寝貯めすることにしました。

 

ダメダメ日記ですみません。

久しぶりに製品紹介です。

地松の一枚物のカウンターのご注文をいただきました。

 

 IMG_0910.jpg

 

地松は非常に割れやすく反りやすいという難しい材ですが、

なんとか1枚物をとることができました。

 

乾燥はよくしているものの、一枚ものを加工するとどうしても反りが発生します。

それを防ぐために蟻桟(ありざん)加工というのを行います。

 

IMG_0911.jpg

 

厚さを落としたためごくわずかですが隙間がありますが、

これ以上の目立つ反りは防いでくれます。

 

このカウンターには4箇所つけました。

 

このカウンター、料理屋さんで使っていただけるようです。

施工後の店舗の様子を見てみたいですね。

現在、近隣で伐採された広葉樹の製品化に向け製材~乾燥を進めていますが、

なかなか思ったように行きません。苦戦しています。

 

想定外な点は、

・堅木のためか、鋸の負担が大きい

(製材に時間がかかる、帯鋸の消耗が激しいなど)

・乾燥に思ったより時間がかかる

(50度からスタートの低温乾燥のため、一度乾燥庫から出ても不完全だったりする)

・歩留まりが悪い

(渋?のようなもの、ピンホールがあるなど)

・良材はやはり市場買いでは高い

などなどです。

 

とはいえ成功すれば当社のオリジナリティーを全面的に出せそうですので、

改善しながらこの苦難を乗り切りたいと思います。

 

これまたブログ休止中のときの話です。

 

林業機械展に行った際に、「東京財団」の方の公演を聴きました。

平野研究員の公演で、下記の本の内容を中心に日本の林業について話されました。

51LTuLtFucL__SL500_AA300_.jpg

 

林野庁の課長等を経て、森林総研の理事をされている、まさに重鎮です。

 

外資が日本の森を狙っている件は賛否両論あり、

今のところ私にはどちらか判断がつかないのですが、

平野研究員のお話は知らないことが多く、非常に勉強になりました。

 

ただし、現実もスパッと言われるのがちょっと・・・

 

気になったのは、

・現状では国内林業はどうにもならない。

(だから新規で取り組むのは外資(中国が多い)だけ。裏がある。)

・10~15年後には日本は二流国家になる

・その結果、1ドル250円程度になるので林業は産業として成り立つであろう。

 

いや私、新規で設備投資(製材業・木材加工業)して、

これから本格的に林業を取り組もうとしている36歳ですが・・・。

林野庁、森林総研にいらっしゃった方に業種を否定されるとどうすればいいのやら・・・

 

ということで、公開質問の場で

「こんな私はどうすればいいでしょうか?」と質問したらさすがに会場から笑いが漏れ、

平野研究員からも「まぁそんなこと言わずぜひ頑張ってください」

とエールはいただきましたが。。

 

その後のレセプションでも平野研究員からはいろいろアドバイスをいただきました。

このような方と話をする機会はそうそうないので、いろいろ収穫になりました。

 

でも二流国家で林業再生・・・

 

日本は林業が盛んな北欧や東ヨーロッパみたいな感じの国になるのでしょうか。

円が二流通貨になり、材価が上がるのは大変ありがたいのですが、

外的要因に頼らざるを得ない、それも二流国になるのが前提となると複雑な心境です。

 

これが一流の研究員の方の発言だけになおさら・・・。

独り言ですが。。

 

ここのところ皆スマートフォンを持っているので、

私の携帯を取り出すのがなんだか恥ずかしくもあります。

 

先日行われたお得意先の忘年会でも、

話の最中にスマートフォンをさっと取り出して写真をみせていただいたり、

その場でfacebookのリクエストをしていただいたりしました。

 

「うーん、やっぱり便利だ、欲しい・・・」と思う反面、

「いや、今の自分にはぜいたく品」と思う自分も居ます。

 

基本的に私は、「使用料が月々いくら」の契約がきらいです。

1年で、とか5年で、と考えると膨大な金額になるからです。

よくホームページ作成業者やソフトウェア販売業者で「頭金無料!月々○○円!」

というのは大体買い取ったほうがよかった、という結果になります。

 

特に「リース契約」なんてのは、当然モノにもよりますが、

耐用年数が終わった後の再リース期間というのはすごくもったいない気がします。

もちろん使うものにもよるのですが、

林業・製材機械は一朝一夕に変わるものではないので、

償却が終わった資産をどれだけ有効に使うかがコスト面でとても大事です。

 

さてスマートフォンの場合、要は月々の通信費の部分が気になります。

単純計算で現状の携帯使用料+6000円くらい?

1年で72000円、5年で36万円!

機種で本体価格割引などがあるようですが、これ耐用年数2年なの?

ノートPCでも4,5年じゃなかたっけ・・・

 

何はともあれ大事なのは費用対効果です。

 

もちろん国内や海外をあちこち飛び回ってるビジネスマンは必須でしょう。

営業の方なども、営業先で顧客を説得させるツールとすれば十分元は取れるでしょう。

工事等で小さなことでも現場を確認しなくてはならないことが、

skype等で行かなくてよくなることになればガソリン代だけでも元が取れるでしょう。

 

では私がスマートフォンを購入したとしたら、いつどこで何のために使うのか?

 

うーん、考えた結果、もうしばらくはガラケーで我慢します。。

 

早く社内の内部体制をしっかりととのえ、

顧客はじめ外回りをバンバンするようになりたいなぁ。。

先日書いた当社社員緊急入院の件ですが、

快方に向かっているとのことで本当にほっとしています。

 

ちょうど新ユニフォームを選んだところなので、

その社員の分も当然購入することにしました。

 

本当は1日も早く、と言いたいのですが、

無理は禁物ですのでゆっくりリハビリに取り組んで欲しいと思います。

 

さて、その社員が倒れたのは当社忘年会の翌日でした。

 

不況その他で何年もずっと忘年会をしていなかったのですが、

社員も適度に入れ替わって雰囲気もよくなってきたので、

ここは楽しくやろう!と思い実施を決めました。

 

楽しかったという意見も聞かれるように、

場は非常に盛り上がったのでよしとしますが、

大半が受身姿勢だったのが残念です。

 

・幹事(今回私がやりました)

・当日のバス、配車の段取り(専務がやりました)

・司会(今回私がやりました)

・席順(悪い意味で大体予想通り。。)

・コミュニケーション(座ったままで動かない。。内気な人が多い?)

・会話の大半が仕事以外。。

 

まぁこれも「初回」ということで次回からは自主性を期待したいと思います。

社員の中から将来会社を引っ張っていくという気概のある方を募り、

その方に幹事・副幹事などをやっていただき、

そうでない方はその人の指示に従う、もしくはサポートに徹してもらう。

このようなことでもいろいろな経験ができ、業務に生かすことができます。

 

通常20代半ばまでには皆経験するのでしょうが、

当社の場合、立ち上がったばかりですからこれから経験していただきます。

 

さて精算すると飲み物がかなり予算オーバー・・・

 

初回幹事の私のミスです。。。

週の始めのことですが、社員が緊急入院したと連絡がありました。

脳梗塞とのことで、かなりあわてました。

 

幸い命に別状は無く、今はリハビリをはじめるぐらいに回復したと報告を受け、

まずはほっとしています。

 

その社員はもう63歳なのですが、

まだまだ専門的な業務を引き継ぐまでに至っていません。

大事なところではその方に頼りっきりになっており、

11月に2名入ってきてから一人に少しずつ引継ぎを行おうとしていた最中のことでした。

 

さらに別途通常業務はやってもらっているため、

まさに欠けてもらっては困る戦力です。

 

早く戻ってきていただきたいのは事実ですが、

年齢も年齢ですし、今度似たような症状が起きたらそれこそ本当に大変ですので、

今までどおりの業務をそのままお願いするわけにもいかなくなりそうです。

 

ということで戻ってこられるのを期待はしつつ、

通常業務部分だけでも他の社員に廻し、

引継ぎ相手が育つまで現場で知恵をお借りする形になると思います。

 

その業務は新しい方を探すことになります。

ここ2ヶ月程度で当社ではここのところ人を増やすことが続いています。

事務員も採用することになったので、これで4名増えることになります。

 

一般的には人件費が会社の経費の中で一番かさむところですが、

数年前に2名続けて入社した今の若手がいなかったらどうなっていたか、

と思うぐらいにその2名は主戦級に育ってくれています。

 

このたびも数年後そう思えるような方に出会いたいと思います。

ブログを休止している間にアクセス数がかなり減ったので、

これからまた頑張って当社はじめ林業全般をPRしていきたいと思います。

 

ところがなぜか1日だけ妙にアクセス数が多い日がありました。

Google Analytics を使ってアクセス数をたまにみるのですが、

その1日(12月11日)だけ突出してました。

 

Google Analyticsでは、

どういった層がアクセスしているのかぐらいはわかるので、

まず地域を調べてみると・・・

 

なんとインドネシアに始まり、

チェコ

ブラジル

アメリカ

イラン

トルコ

チリ

コロンビア・・・まじか・・・ 

マケドニアやニューカレドニアからもアクセス!

さらにエルサルバドルまで!

(浅学無知のため「エルサルバドル共和国」は存在すら知りませんでした。)

 

ウイルスにでも感染したか?

誰かからサイバー攻撃を受けているのか?

 

いろいろ調べてみると、

参照元

slowfoodottawagatineau.org

というところからのアクセスで激増していました。

 

これ何?と調べてみたら、同じような方がいらっしゃいました。

スローフード協会というページに当社のHPのリンクが貼られていたようです。

 

なぜ当社のページ?過疎っているから?

今のところ実害はなさそうですが、世の中いろいろな人がいますね。。

 

とりあえずエルサルバドル共和国という国を覚えたから、まぁいっか。

このブログを見ていただいている方に感謝いたします。

 

本日よりブログを再開したいと思います。

 

Webでは不特定多数の方の目に晒される可能性があり、

匿名でない場合はすべて書き込んだ内容は自己責任になります。

 

ブログをストップしたのは、そのことに対し私が怖くなったからです。

 

冷静に過去のブログを見たときに、第3者に対し攻撃的な内容のものがあります。

当然自分で正しいと思ったこと、責任を取る覚悟で書いておりました。

 

しかしながらその内容の一部は林業・製材業を超えたものになったものがあり、

私の主観が先行(というより暴走)し反論を許さない状況を自分で創り上げていました。

 

これは反省すべき点であり謙虚に受け止めたいと思いますし、

今後前を向いて歩く上での糧としたいと思います。

 

本日ブログを再開するのは、ある方からのはげましのメールがきっかけです。

 

ブログのタイトルは「森の窓から(皆様へ)」。

国内林業・製材業の発展を心から願い、そのために日々努力する。

それが自分の信念であり、今後それに基づいた内容のブログを書き続けていきます。

 

 

「努力する人間を社会は放っておかない」